栃木県宇都宮市G
古墳名 墳形 規模 石室 評価 分類・寸評
竹下浅間山古墳 前方後円墳(全壊) 有り B 住宅地の隙間に石室だけが保存されている

竹下浅間山古墳
所在地:宇都宮市竹下町 鬼怒川左岸の清原台地西端に石室のみ残存している墳丘全壊の前方後円墳で、築造は6世紀末頃。石室の上の築山は危険防止(石室の崩壊防止?)のために盛り土したもので、古墳の墳丘ではないとのこと。こんなしょぼくれ古墳が市の指定史跡になっているのは、おそらく、非常に豊富な副葬品がごっそりと出土したため。
石室正面から・盛り土は元の墳丘とは無関係 幅の狭い鳥居型の玄門
非常に怪しげな復元木棺 1枚岩の奥壁と川石を積んだ側壁

トップへ戻る
SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO