栃木県藤岡町
古墳名 墳形 規模 石室 評価 分類・寸評
赤麻古墳 円墳(半壊) 有り 赤麻石室とも言う・奥壁に謎の記号有り
山王寺大桝塚古墳 前方後方墳(半壊) 無し B- 田んぼ浮島・墓地隣接型
付近の小墳 方墳?・円墳 不明 田んぼ浮島型・民家裏庭型

赤麻古墳
所在地:藤岡町赤麻 マップルでたまたま「赤麻石室」という文字を見付けて立ち寄った飛込み古墳。道路地図に載っているくらいだからさぞかしすごい石室かと思いきや意外と小さな古墳だったが、奥壁に謎の記号が刻まれていてなかなか興味深い。
墳丘はかなり削られている 石室の扉は施錠されずに開いている
奥壁に謎の記号が刻まれている 誰か墨で拓本を取ったのか黒くなっている

山王寺大桝塚古墳
所在地:藤岡町蛭沼 4世紀後半(前期後半)の築造と推定される全長96m・高さ7.4mの大型の前方後方墳。1975年に発掘調査され、後方部墳頂下の粘土槨からさまざまな遺物が出土した。遠目には良い形に見えるが、かなり崩壊している。
南方から。左の前方部は完全に墓地化していて、後方部は土を掘り取られて半壊している。
前方部から後方部。墳丘の半分くらい土が削り取られている。
削られていないコーナー 削られている方。見晴らしは良い。

付近の小墳
現地で見付けた飛込み古墳2つ。
小型の方墳?おのPは「こりゃ絶対古墳じゃ」と言い張っているが、何だかちょっと怪しい気もする。灰色古墳。 民家の裏庭古墳

トップへ戻る
SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO